PAGE TOP

Vision
- ビジョン -

  • HOME
  • »
  • Vision - ビジョン -

ビジョンとは、私たちの存在意義を表すものであり、私たちが目指す究極の目標です。私たちは「日本一楽しいスーパー」というビジョンを掲げています。このビジョンを実現するためには、お客様にとってだけでなく、従業員にとっても日本一楽しいスーパーであることがとても重要です。ここでは、ビジョンに込めた想いと、その背景について学んでいただきます。

「 日本一楽しいスーパー 」

  • 私たちは、自分の技と想いを込めた商売力によって会話あふれる楽しいお買い物の場を提供しお客様の「いただきます」を楽しくします。
  • 私たちは、「日本一楽しいスーパー」を目指します。
    日本一楽しいスーパー」は、お客様に「会話あふれる楽しいお買い物の場」をご提供します。
    私たちは、品質と鮮度と価格にこだわった商品をそろえます。
    そして、私たちとお客様、さらにはお客様同士も会話があふれ、お客様に心の底からお買い物を楽しんでいただける場をご提供します。
    日本一楽しいスーパー」は、お客様の「いただきます」を楽しくします。
    私たちは、「会話あふれる楽しいお買い物の場」をご提供することで、お客様、お客様のご家族やご友人、飲食店のお客様から、「いただきます」の瞬間に思わず笑みがこぼれ、会話あふれる楽しい時間を演出します。
    日本一楽しいスーパー」の商売人は、自分の技と想いを込めて「商売力」を磨きます。
    私たちは、「会話あふれる楽しいお買い物の場」を提供するために、本気で売腰と接客の技を磨き、想いを込めて商品と自分自身を売り込み、お店と自分のファンをつくります。
    私たち一人ひとりの本気が、「日本一楽しいスーパー」を実現させるのです。

取締役会長
梅原 富雄

  • 梅原 富雄 私達はお客様ひとりひとりに支えられているのです。
    私達の商売を支えているのはお客様ひとりひとりです。 そのお客様に、いかにして満足して頂くか、どうすれば日々の生活のお手伝いをする事が出来るか、 それを考え実現するのが私達の役目なのです。 決してお客様を裏切るような商売だけはしてはいけません、常に「正直な商売」を心がけ、 お客様への感謝の気持ちを商品やサービスでお返ししていかなければならないのです。

代表取締役社長
梅原 一嘉

  • 梅原 一嘉 従業員満足度の向上・顧客満足度の向上・利潤の追求
    実はこの3つ、凄くつながっているのです。 従業員が会社に満足して楽しく働けるとサービスの一つ一つが「生きる」。 サービスがいいとお客様も増えて利潤が上がる。利潤が上がるとお客様と従業員に還元できる…。 この3つのどれか1つが欠けても、佐竹グループの繁栄はありません。 そしてこの3つを追いかける上で大切になる事も、やはり「お客様を思う心」… そう考えると「日本一楽しいスーパー」を掲げ走ってきた私達の取り組みに 間違いがなかった事が実感できます。 今もこれからも「心」通うサービスをカタチにします。